感染症予防への取り組み

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が日本で流行し始めてから半年以上が経過しましたが、まだまだ影響があり、以前のような生活に戻れずにいます。

 

それは葬儀の業界でも同じで、

● マスク着用での参列
● 会葬者人数の減少
● 告別式自体を自粛するご家族の増加
● 法要の人数制限

など様々な影響が出ています。

そんな中でも、お亡くなりになった故人様へのご家族、友人知人の「想い」は以前と変わらないのではないでしょうか。

だからこそ、少しでも安心してお別れをしていただけるように、はせば葬祭では様々な取り組みをしています。

 

 

● マスク着用の徹底(お忘れになった方へのマスク配布もしています)

● 手指の消毒の徹底(アルコール噴霧器を配置し、手指の消毒をお願いしています)

● 発熱者への対応(非接触体温計により体温を測定、発熱されている方へは参列をご遠慮いただく場合もございます。)

● 飛沫感染防止パーテンションの活用(受付時の感染防止のためにパーテンションを使用・お使いになるペンも消毒をしています)

● フロアマーカーによるソーシャルディスタンスの確保促し(寺院などの場合も都度フロアマーカーを設置し、ソーシャルディスタンスの確保を促します)

● ウィルスの不活性化に効果のあるといわれている空気清浄機(マジックボール)の無料貸し出し(自宅安置・寺院安置室 貸し出し対応しています)

● 式場での空気清浄機・オゾン発生器(2020.11月導入予定)の設置

 

 

様々な対策をとったうえで、少しでも安心してお別れの時間をとっていただけるように工夫していますが、以前のように気にせず葬儀に参列できるようになる日がくるのが一番の理想だというのは皆さんと同じ気持ちです。

今は、できることをしっかりとやったうえで、用心しながら With コロナ の生活様式を受け入れていくしかないと考えています。

今後も必要だと思った感染症予防対策があれば随時取り入れていきます。

一日でも早くみんなが気にせず出かけられる日が来ますように。

関連記事

  1. お悔み詐欺について考える

  2. オリジナルエンディングノートが完成しました

  3. 終活って??

  4. 写真がない!!

  5. つくと落ちない!ゆりの花粉

  6. 沖縄県の葬儀と、県外の葬儀の違いについて part2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。