知ってますか??ご霊前とご仏前

香典袋には「御前」と「御前」があるのご存知ですか??

他にも「御香典」などもありますが・・・

なんとなく、どっちでもいいかな~。と家にあるほうを使ってしまいがちなこの二種類の違いをまとめました。
まず、「御霊前」は考え方としては、幅広い宗教に使えます
(キリスト教や神道でも故人の魂は霊となるという考えがあるため、ただし宗教色の強い蓮の花がデザインされているものは仏式向きです)
ですが、
「御仏前」は仏教にしか使えません。
他の宗教は
「御玉串料」・・・神道
「御花料」・・・キリスト教
などがあります。
そして、仏教の場合、
通夜・葬儀~四十九日までは「御霊前」を使用します。
四十九日~後は「御仏前」を使用します。
これは、四十九日までは故人の魂は「霊」となり、四十九日までは浄土へ行かないという考えで、四十九日の法要が終わると成仏し、浄土へ行くとされていることから、四十九日法要後~は「御仏前」となります。
ただし、浄土真宗やほかの真宗派閥は
故人の魂=霊になるという考えではなく、亡くなられたらすぐに浄土へ行き成仏するという考えなので「御霊前」は使わず、「御仏前」を使用します。
が、沖縄の場合は檀家制度などもなく、宗派にこだわらない方が多いので、そこまで気にしている方も少ないようです。
なので、
故人の宗教が分からない葬儀の場合は「御霊前」をもっていくとまず間違いないでしょう。
当社ではもちろん仏教だけでなく、各宗教・宗派のご葬儀に対応致します。
株式会社 総合葬祭はせば
那覇市若狭2-9-10 エンブレム若狭1階
TEL 098-868-7131
FAX 098-868-2422
メール info@hasebasosai.com

 

関連記事

  1. 今更ながら・・・

  2. 1日3個捨てるといいらしい!

  3. 認知症予防にも!?エンディングノートの効果

  4. つくと落ちない!ゆりの花粉

  5. 知ってますか? 24時間ルール

  6. 終活って??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。