「ニシ」は北??

本日は実際に、当社スタッフが昔に経験したお話です。
皆さんご存知だとは思いますが、お亡くなりになった方をご安置するとき、
ご遺体の頭の向きは「北枕」(または西枕)にするのが通例となっています。

(間取りなどの関係で北枕が無理な場合は西枕にしてご安置します。)
そこで、当社スタッフも「北枕」でご遺体を安置しようとご家族に
「北はどちらになりますか??」
と伺ったところ、
「ニシはあっち。」と指をさされるので、
なぜ西??
となりつつも、西があっちならこっちが北だな。と対応しようとしたところ、
「だから、ニシはあっちってば!」
「??」
これはおかしいと、
方位磁針を取り出して、確認したところ、(方角が分からないおうちの方のために方位磁針も準備しています)
お客様が「ニシ」といって指さしている方向は「北」
みなさん、なぜこうなったかわかりますか??
当社スタッフはまだ若かったこともあり、方言をあまり知らなかったそうですが、
沖縄本島では東をアガリ、西をイリ、南はフェー、北はニシと呼びます。
では、なぜ北枕・西枕にするのでしょうか??
ご遺体を北枕や西枕にして安置する理由は...
お釈迦様がなくたった時に頭を北にして、
西のほうに顔を向けていた
ことが始まりと言われています。
我々の職業は方言も勉強しないといけませんね。
という話でした。
資料請求・お問合せ・事前相談

関連記事

  1. そろそろ手配したい喪中はがき

  2. 感染症予防への取り組み

  3. つくと落ちない!ゆりの花粉

  4. 喪中はがきを出し忘れてしまったあなたへ

  5. オリジナルエンディングノートが完成しました

  6. 知らないと恥ずかしい!? 葬儀や法事などのときのお札の向き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。