松島自治会緑化活動に参加しました

先日、那覇市松島自治会で行われた緑化活動に参加してきました。

 

こちらの活動は一般社団法人天然繊維循環国際協会(NICO)と株式会社土と野菜 が取り組んでいる事業で、コーヒー豆の麻袋と回収された天然繊維を活用したプランターで地域を緑化するという取り組みです。

こちらの活動は自治会が参加していたことがきっかけで知り、クラウドファンディングから支援させていただきました。

コーヒー豆が入っていた麻袋は年間に数百万枚も廃棄処分されていることも初めて知りました。
その麻袋と、廃棄されるはずだった天然繊維の洋服やシーツなどを活用して作られたプランターはとてもおしゃれ。

そのプランターに今回クラファンを通じて支援させて頂いたので、弊社の名前が入ったプレートをつけていただきました。

今回の緑化作業には地域の方と、小学生〜大学生までの学生たちも多く参加。

学生たちと自治会役員の方の交流も見ていて微笑ましい、とても素敵な会となっていました。

また、プランターの設置場所は不法投棄が絶えない場所ということで、ごみの撤去をしてプランターを設置。

<before>

<after>

お花が増えて、ゴミが減るいい取り組みに参加させていただくことができ、大変嬉しい一日となりました。

はせば葬祭ではこれからも地域の活動を応援していきたいと思っています。

ご縁をいただいた皆様、ありがとうございました。

関連記事

  1. 四十九日と新盆の関係

  2. 菊の浄化パワー

  3. デジタル終活って??

  4. 台風時の葬儀ってどうなるの??

  5. 会葬御礼と香典返しって違うの??沖縄では・・・

  6. こんなご時世だからこそ安全に故人様とのお別れの時間を共有して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。